ノーストリリア

ノーストリリア / コードウェイナー・スミス / SF(古典) /

著作: コードウェイナー・スミス

(Cordwainer Smith, 1913年7月11日 – 1966年8月6日)

翻訳: 浅倉久志

(あさくら ひさし、本名:大谷善次、1930年3月29日 – 2010年2月14日)

Amazon

原題: Norstrilia

かなり乱暴な解説

 オールド・ノース・オーストラリア(Old North Australia)という名の惑星に暮らす大富豪の倅で相続人でもある少年が、テレバシー能力がないからという理由で不具者の烙印を押されかけ、それをなんとかするために旧式のコンピューターで人類発生の地、地球を購入してしまった。というプロローグから始まる物語。

主人公のフルネーム

 ロデリック・フレドリック・ロナルド・アーノルド・ウィリアム・マッカーサー・マクバン

 通称:ロッド・マクバン151世

おすすめの詳細

 大富豪の遺産を相続する立場にありながら、他者と同じではないという理由から不具者という烙印を押されかけ、更にその烙印が決定づけられると安楽死という名の死刑が待っている。

 金で解決しようにもそれすら許されない法的整備が整えられた最悪の状況下で、たまたま敷地内で発掘した謎の装置。実はこれ、株や債券、為替のトレーディング機能を残有していた旧世界のコンピュータだった。

 ……まあ、地球を正式に購入してしまう手腕はすごい。補完機構のお偉いさんも頭抱えていたような、いなかったような。

エバンゲリオン的な展開はほぼございません。

ノーストリリア

ノーストリリア 関連書籍「人類補完機構」

ノーストリリア


Comments

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください